お山保育園の理念

 園舎全景

全景

理念

心豊かでたくましい子どもを育てる

経営方針

子ども一人ひとりが主体性を発揮し
のびのびと活動できる環境整備に努め
生きる力の基盤を培っていく

めざす子ども像

  •  豊かに表現できる子ども

    様々な体験を通して、豊かな感性や表現力を育み、創造性の芽生えを培う

  •  健康で生活習慣の身についた子ども

    健康、安全など生活に必要な基本的な習慣や態度を養う

  •  仲間を大切にできる子ども

    人との関わりの中で愛情と人権を大切にし、自主・自立・協調の態度を養う

  •  自然に関心を持つ子ども

    生命・自然および社会の事象についての興味関心を育て、豊かな心情や思考力の芽生えを培う

  •  人の話がきける子ども

    言葉への興味関心を育て、言葉の豊かさを養う

保育方針

  •  子どもの安全・安心を基本として、自ら伸びる力を大切にし、成長と個性に応じた多様性のある保育。

  •  子どもの目線に立ち、豊かな愛情をもって、一人ひとりの気持ちをしっかりと受け止め、その主体的な活動を育む保育。

  •  子どもを中心に、家庭や地域との信頼関係を築き、環境を通して、人や物との関わりを大切にする保育。

  •  園内や地域の自然環境を活用して、生活体験・自然体験を豊かにし、豊かな心とたくましい体を育む保育。

園のこだわり

  • 「遊び」から「きらきら」

    子ども自身が自分の興味や関心に基づいて、自発的に活動する「遊び」を通して、仲間との関係を育み、生きる力の基礎を培います。
    裸足や薄着保育を行い、自然豊かな広大なフィールドを0歳~2歳児は、わら草履をはいて鳥や虫の鳴き声を聞きながら草花を摘んだり落ち葉を拾い、お散歩を楽しんでいます。
    3歳~5歳児は、起状の厳しい長距離散歩もなんなくこなし、年々体力をつけるとともに自然の美しさや不思議に感動したり驚いたり、四季の変化を敏感に感じとりながら感性を磨いています。

  • 「聞く・話す」から「わくわく」

    生活の中で、相手の話を聞こうとする意欲や態度を育て、経験したことや気持ちを、言葉や絵で表現したり演じて遊ぶことで、豊かな感性を育み、創造性の芽生えを培います。

  • 【具体的な活動】
  •  オペレッタ等の劇あそび

  •  絵本等の読み聞かせ

  •  リトミック、楽器演奏(ピアニカ等)

  •  季節の歌あそび(保育士のピアノ伴奏による)

  • 季節の歌

    季節の歌

  • 音楽教室

    音楽教室(ピア二カ)

  • 読み聞かせ

    読み聞かせ

  • パネルシアター

    パネルシアター

  • 「自分で考え行動する」から「いきいき」

    自分なりに考えて行動することで創造力を発揮し、見通しを立てて遊びや活動を発展させたり、自分でできることの喜びを感じ、自信が持てる子どもに育てます。

電話 お問い合わせ